コレステロールを減らす食べ物、野菜や魚でヘルシーに

25512183コレステロールを減らす食べ物は、納豆や漬物、野菜たっぷりとのお味噌汁などといわれています。調理には油をあまり使わないようにして調理し、ノンオイルのポン酢や醤油などで食べるのがポイントです。
生姜やニンニクを味付けにしても良い方法です。生姜やニンニクを摩り下ろし、それを炒め物や魚の煮付けなどに利用すれば、コレステロールをより減らせる料理ができます。
コレステロールを減らす食べ物としては、キノコがたっぷりと入った炒め物やナメコの和え物などです。キノコは茹でて胡麻和えやナッツ類を粉にしては和えるのも美味しく食べれる方法です。豆乳鍋にしてポン酢に付けては食べるのも良い方法です。
コレステロールを増やさない減らすという食べ物は、脂分が少ない食材を選んで調理をすることです。肉は脂分が特に多い食材ですが、この肉は鶏肉を選ぶようにしましょう。肉はベーコンなどの加工食品がコレステロールを増やす食材となりますので、なるべく加工されていないお肉を選びましょう。
肉よりも魚の方がコレステロールを減らします。マグロ、白身のお魚を刺身か焼いて食べましょう。食事の改善だけでも十分にコレステロール、中性脂肪、メタボ対策にもなるのですが確実にという気合があるのならDHAとかの中性脂肪サプリも役立ちますよ。⇒DHAなど中性脂肪サプリ

食べなきゃ痩せるはず。だけど、失敗したダイエット

25526711若いころにやったダイエットですが、とにかく食べないというダイエットです。
3食食べていましたが、その量はかなり少なく、子供の食事のような量でした。
最初の2カ月くらいで一気に5キロ近く痩せましたが、精神的にもストレスがかなりたまりました。
友人達との食事も控えるようになり、楽しみもなくなりました。
そして、3ヶ月目あたりから頭がふらつくようになり、肌もガサガサになってしまい、
このまま続ける事はできないと思いやめた途端、次はリバウンドをしてしまいました。
なぜなら、今までの我慢が爆発したように、食べてしまったのです。
3カ月ほどかけて、7キロ落としたのに、1カ月で5キロ戻ってしまいました。
しかも、その後は胃も大きくなってしまったのか、
食べても食べてもお腹が空いてしまうと状態になり、胃を小さくするのが大変でした。
今も当時のような状態ではありませんが、太り気味の部類に入ると思います。
無理なダイエットは、メンタル面でも体調面でも良くないと実感しました。
しっかりと栄養をとりながら、運動でやせるダイエットを行いたいです。
特に気になっているのは、ヨガやピラティスです。
ハリウッドセレブにも人気だという言う事で、効果がありそうです。
それほどハードな動きではないのに、体幹を鍛えられようなのですごく興味があります。
また、メンタル面でも良い効果があるという事で、
近いうちにやってみる事ができたらと思っています。
今後は、短期で結果が出るものではなく、長くかかっても、
体に無理なく、やせられるダイエットをしたいと思っています。

水ダイエットは大失敗だったの巻

25541559失敗したダイエットは水ダイエットです。水ダイエットとは、簡単に言うと、水をたくさん飲んでお腹を満腹にして食欲を少しでも減少させることです。
食事前には特に量を増やし、水でちゃぷちゃぷにさせて食事の量を減らすのです。毎日、4Lは水を飲んでいたのです。なぜ失敗かと言いますと、たしかに多少はダイエット効果があり3kgほど痩せましたが、あまりに過酷だったことです。まず、水だけを毎日4L飲むのはキツイの一言です。

それだけでなく、4L分の尿が出るのです。お手洗いの回数が尋常じゃないほど多くなります。日常生活でも毎日お手洗いばかり気になり他の事が出来ないのです。仕事も当然のごとく手につかないのです。何より一番大変なのが寝てからのお手洗いです。睡眠中に何度も尿意が出て起こされるのです。完全に睡眠不足に陥ります。

ストレスも溜まりますし、ダイエット効果のわりに代償が大き過ぎて成功とは言えないです。水ダイエットは失敗ですからオススメできないです。 今後ダイエットとして試したいのは、腸内フローラダイエットです。体質を改善してのダイエットですから副作用もないですし、体に無理なくダイエットとして継続できると考えるからです。

たしかに栄養は腸内で吸収されますから、腸内の菌の質を変えれば非効率な栄養吸収もなくなり、今まで悪玉菌により無駄に溜まっていたものが善玉菌により排出されるようなことがイメージできます。腸は第二の脳と言われるぐらいですから、腸内フローラの話が本当であれば効果があるはずです。

炭水化物を抜くダイエットが一番効果があった話

25602650いろいろなダイエットを試して見ましたが、一番楽で効果があったのが「炭水化物食べないダイエット」です。
それを実践してから半年くらいで10kg程度痩せました。しかしこれが今ままでで一番成功し、一番失敗したダイエットです。
人間は一生炭水化物を食べない訳には行きません。そしてある一定の減量が達成されると、今まで我慢した「炭水化物を食べたい」と言う欲望を少しだけ満たそうと、自分にご褒美をあげます。
その一口が引き金となり、その後にとんでもないことが待ち受けています。それは炭水化物を食べる度に体重が増量し、今度は今まで程度の炭水化物ダイエットでは痩せにくい体になっていると言うことです。
それは今まで頑張って来たのに、これからはそれ以上の努力をしなければ現状を維持できないと言う脱力感を生みます。最初のダイエット時はアメとムチの割合が同等だったのに、これからはムチの割合が多くなります。これには耐えられません。
ゆえに普通に炭水化物を食べ始めリバウンドすることとなりました。現在はダイエット前より15kg増量しております。これが私の失敗ダイエットです。
お酒を飲むようになってから、体重は徐々に増えはじめました。夕飯を普通に食べ、その後晩酌をしたのでは炭水化物を食べ、炭水化物を飲む(酒の原料は米です。)こととなり太るのは当然です。そこで自分に問いかけました。
「ご飯と酒のどちらを止めることができるか?」答は「酒を止める」でした。生まれてからどちらとの付き合いが長いか考えると、ご飯との付き合いが長いことになります。酒は20歳からの付き合いであり、究極の選択を迫られれば私はご飯を選びます。そして、これから「お酒は週1回にするダイエット」に励もうと考えています。