コレステロールを減らす食べ物、野菜や魚でヘルシーに

25512183コレステロールを減らす食べ物は、納豆や漬物、野菜たっぷりとのお味噌汁などといわれています。調理には油をあまり使わないようにして調理し、ノンオイルのポン酢や醤油などで食べるのがポイントです。
生姜やニンニクを味付けにしても良い方法です。生姜やニンニクを摩り下ろし、それを炒め物や魚の煮付けなどに利用すれば、コレステロールをより減らせる料理ができます。
コレステロールを減らす食べ物としては、キノコがたっぷりと入った炒め物やナメコの和え物などです。キノコは茹でて胡麻和えやナッツ類を粉にしては和えるのも美味しく食べれる方法です。豆乳鍋にしてポン酢に付けては食べるのも良い方法です。
コレステロールを増やさない減らすという食べ物は、脂分が少ない食材を選んで調理をすることです。肉は脂分が特に多い食材ですが、この肉は鶏肉を選ぶようにしましょう。肉はベーコンなどの加工食品がコレステロールを増やす食材となりますので、なるべく加工されていないお肉を選びましょう。
肉よりも魚の方がコレステロールを減らします。マグロ、白身のお魚を刺身か焼いて食べましょう。食事の改善だけでも十分にコレステロール、中性脂肪、メタボ対策にもなるのですが確実にという気合があるのならDHAとかの中性脂肪サプリも役立ちますよ。⇒DHAなど中性脂肪サプリ